滋賀のセカンドハウス・別荘のほんだ建築

  • 建築家ほんだの考え
  • 施工事例
  • 建築の流れ
  • 一般住宅について
  • ブログ
  • マキノ地域情報
  • お問い合わせ

ブログ

ブログ
  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ
2007年12月6日

新高輪プリンスホテル・飛天の間

最近歌謡曲にはとんとご無沙汰なのですが、
昨日はFNS音楽祭の、徳永英明のメドレー部分だけ、見るとはなく見てしまいました。
会場名が小さくテロップで、グランドプリンス飛天と流されていました。
グランドプリンス新高輪、建設当時の名前が新高輪プリンスホテル、
堤さんの引退後ホテルグループの再編が行なわれ名称が変更されたそうです。
建物は1982年完成、建築家村野藤吾91歳の時の作品です。
堤さんに、「日本で一番のキャパシティを持ち、日本で一番豪華な宴会場を作れ」
との要求に呼応して造られた、60m×33.5m=2,010㎡( 614坪)の巨大宴会場は、
私の年齢でいくと、松田聖子・神田正輝の結婚披露宴などが印象に残る、
著名な芸能人の結婚式がよく行なわれる場所です。
曲面でかつ微妙にうねりを持つアコヤ貝貼りの天井、
この空間に納まっているとそうも感じないが、めちゃくちゃ大きなシャンデリア、
ガラスモザイクでブルーのグラディエーションをつけた壁。
一つ一つの仕上げが、
巨大であることを意識させず、それを「華麗」にしている空間造りはすごい腕前です。
バブル期に、巨大で華麗な建物が数多く排出したにもかかわらず、
建設当時から26年、巨大なキャパを持つ宴会場としては常にトップの座に君臨し続け、
このような音楽祭も毎年ここで行なわれ続けている事に、
プリンスホテルの不断の営業力やサービスがあるのかもしれませんが、それ以上に
堤さんという方の構想力と、それを具現化した建築家村野藤吾の力を今更ながら感じました。
すこし年を取った、小室等の横顔と徳永英明のハイトーンボイスをテレビで見ながらなんですが。 

建築的には、マッシュルーム型のこの宴会場エントランスはもっと素敵です。
そこは、確か誰でも入れたような気がするので、そこを一度通って、
一階のコーヒーラウンジで、一杯1000円位するホテル価格のコーヒーを飲むだけでも、
建築探訪者としては、目の保養の充実感を得られるように思います。 

ブログ内の関連項目など

MYブログ(07/04/05) ザ・プリンス箱根-村野藤吾
MYブログ(02/06/08)故村野藤吾氏の設計製図展を見に行ったときの思い出

ランキング、ポチッと一つお願いします にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへblogram投票ボタンbanner2.gif 
以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築工事進捗ブログ 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ
◎ はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込、940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

ブログ一覧

  • 本田明ブログ
  • マキノ地域情報ブログ
  • スタッフブログ
  • 工事進捗ブログ